・TAKEFUの特長
・TAKEFUができるまで

TAKEFUができるまで

1
(1)原料の慈竹を伐採
2
(2)竹をチップ加工
3
(3)液状竹パルプ
4
(4)パルプを板状に加工
5
(5)紡糸加工(繊維化)
6
(6)紡績加工(糸)
パルプ化の工程では、繊維の素となるセルロースを抽出するためアルカリ剤を使用していますが、徹底したリサイクル技術を確立しています。
さらに竹パルプのセルロース部分を繊維化する紡糸の工程では特殊な溶剤を使用していますが、やはり環境への配慮を十分に行っています。このようにして作られた繊維は再生セルロース繊維と呼ばれます。

TAKEFUはレーヨンに分類される再生繊維

TAKEFUは2008年に、竹を原料としたレーヨンとして商標登録されました。これにより、素材表記は以下のようになりました。
●従来 ⇒ 素材:レーヨン(◯◯%)原料に竹を使用
●現在 ⇒ 素材:レーヨン(TAKEFU)◯◯%(原料に竹を使用)
レーヨン(TAKEFU)という表記がされていますが、レーヨンとは木や竹などの植物から作られる再生繊維で、石油を原料とするポリエステルやナイロン等の合成繊維とは異なります。
TAKEFUは自然から生まれ、自然に還る繊維です。
分類

TAKEFUの原料「慈竹」について

慈竹は、孟宗竹のように地下茎を張る種類ではなく、株立の竹で、高さは6〜12m、直径は3〜6cm、節の間の長さは30〜50cm。
別名「孝竹」、「子母竹」と呼ばれ、漢方薬の解毒剤として古くから重用されてきました。